毎日できる!日常生活にも取り入れやすい英会話DVD !

毎日できる!日常生活にも取り入れやすい英会話DVD !

毎日できる!日常生活にも取り入れやすい英会話DVD !

 

 

英会話の教材は沢山ありますが、DVDや聞流しCDで勉強をはじめてもセットするのが面倒で結局、やらなくなってしまったという経験はありませんか?

 

いくら英会話を勉強したいとおもっても、ゆっくりと勉強をする時間がないと結局途中でやめてしまう事になります。

 

Final Englishという教材をご存じでしょうか。

 

オンライン練習が可能なので、インターネットが通じる場所ならどこでも練習することができます。電車の中、夜寝る前、待ち合わせ時間中、日常生活の中で簡単に取り入れる事が可能で、毎日練習をする事で英会話の上達も早くなります。

 

さらにFinal Englishの特徴は、英会話学習を論理的に組みたてたカリキュラムを実践することで、30日間続けていれば確実に短期間でマスターすることができる内容になっています。

 

この英会話学習の革命的ともいえるDVDですが、一体どのような内容になっているのでしょうか。

 

英会話の上達の秘訣とはリスニング力にあります。
そもそも英語には日本語にはない音素があります。この英語にしかない音素を聴き取れるようになると格段に上達します。

 

ただし、この音素が聴き取れるようになったからといって、スラスラと英語が話せて、ネイティブにも通じるかというとそうではありません。

 

リスニング力がついてきたら、次に必要なのは発音です。この発音するときに口の周りの筋肉をし、英語独特のリズム感や身体の使い方をマスターしなければ、通じないことが多いのです。

 

Final Englishはもともと、「モダン・イングリッシュ・アカデミー」という英語劇を使って英語を覚える体感型英会話スクールを運営している並木健太郎さんによって開発されました。

 

彼は幼い頃から演劇をはじめ17歳で渡米、英語と演劇をまなびました。しかし、渡米すれば英語がマスターできるかと思っていましたが、その道のりは長く、住んでいても英語が聴き取れない、言いたい事が英語で言えない、コミュニケーションがとれないという事態になやまされました。

 

そこで必死に勉強を始めるものの一向に上達せず、こんなはずではなかったと挫折感を味わいます。

 

そんな彼に転機が訪れたのは、アメリカでの舞台出演でした。そこである英会話教育者に出会います。日本人の発音の習性を理解し、治していくことでリスニング力が劇的に変化したと言っています。

 

どうやったかというと、英語で聴いた事を英語で答えられるのに必要なスキルを勉強するのではなく、学習の順番に注目し、必要な事だけを練習したのです。

 

英語を自由に使えるようになるには、日常生活にも役立つ英文のフレーズを覚えることも大切ですが、その土台となっているのはリスニング力、発音、英語のリズム感を自分でマスターする必要があります。

 

Final Englishはこのことに注目し、ゴールから逆算した勉強方法で順番に勉強して、身体を使って覚えていきます。
このやり方で練習していくと、時間をかけて英語の聞流しをするより短期間で英語耳を作ることができます。

 

最初にやるべき練習とは英語を話すための「体作り」にあります。ネイティブの真似をして、英語を上達させようとする人もいますが、それでは変な癖のついたかっこわるい英語になってしまいます。

 

どんなスポーツや勉強もそうですが、まずは基礎大事です。この基礎を抜いてしまうと、いくら勉強しても応用が利かなくなってしまいます。

 

並木健太郎氏は、自らの体験を振り返り、舞台練習で学んだ、体作り、発声、発音、フレーズ、全てを取り入れたDVDをつくりあげたのです。

 

DVDに含まれる映像はすべて発音のよいネイティブ講師が担当し、口の動きやリズム感を練習することができます。
こだわりを持って作成されたこのFinal English、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

追記:

 

現在、Final Englishは残念ながら販売終了になっているようです。

 

代わりに、こちらのDVD教材もおすすめなので、ぜひ以下のサイトを一度ご覧になってみてください。

 

 

最先端CG映像でネイティブの口の中の動きがわかる発音教材「ネイティブスピーク」