こんなのが欲しかった!!英会話がどんどん上達するDVD

こんなのが欲しかった!!英会話がどんどん上達するDVD

こんなのが欲しかった!!英会話がどんどん上達するDVD

 

 

英会話を1年以上も勉強しているのにいまだに上達しない、ネイティブの発音が聴き取れない、とっさの時に単語が出てこない、海外ドラマをみてもわからない事があるという事があると、なぜこんなに勉強しているのにわからないんだと思う事はありませんか。

 

もし、このような悩みがある人は勉強の仕方を間違っている、英会話を習得するのに遠回りの勉強方法をしている可能性があります。

 

そんな人は必見です。2年間英語の聞き流しを続けていてもまったく聴き取れなかった人がわずか30日間の練習をするだけで驚くほど、英会話が上達したという驚愕のDVDがあるです。

 

それは、フィリピンの政府認定の語学学校で使われている教材です。
Final Englishという教材をご存じでしょうか。

 

今、英会話を勉強している人達の間で秘かに話題となっています。雑誌にも取り上げられていて、その驚くべき勉強方法が注目されています。

 

実際にその勉強方法を実践している人達の成長ぶりがすごいんです。

 

DVDの教材を実践する前は、たどたどしい英会話した話せなかった生徒が、30日間、英会話の練習を続ける事で、驚くほど流暢な英語を話せるように上達しています。

 

この生徒達は一体どのような練習をしたのでしょうか。

 

その答えは「英会話習得のゴールデンルール」にあります。

 

英会話を習得するためには英語で聴き、英語で答える事を反射的に行える英語脳を持つ必要があります。
この英語脳を作り上げるには、英語を聴き取る耳が必要になってきます。

 

そもそも英語には日本語にはない音素があります。この音素になれて聴き取り自分で発音できるようになれば、英語はどんどん頭に入ってきます。

 

インプットされた英語があるれ出して、初めてアウトプットできるようになるのです。
つまり、この音素を聴き取る事ができなければ、耳は英語を単なる雑音としか判断せず、いくら聴き流しのCDで勉強を続けていても、その時間は無駄という事になってしまうのです。

 

Final Englishで実践されているのは、勉強ではなく、この音素を聴き取る事を練習するだけです。音素を聴き取るようになるためには、英語独特の音素をまずは聴き取り発音することから始まります。

 

では、この音素を聴き取ることさえできれば英会話が上達するのでしょうか。
答えはノーです。
英語が聴きとれるようになった後は、英語の独特の話し方のリズムを習得する必要があります。日本語にはない弱強弱強というリズム感をつかむことで、さらに英語が流暢に話せるようになります。

 

Final Englishがこの練習方法で短期間に英会話が上達できる理由としては、論理的に組み立てられた練習方法に、こだわりを持って作られた内容にあります。
英語脳をつくるというゴールを設定し、そのゴールに向かって必要な事を順番に練習していきます。

 

CDの聴き流しでは実際に話しているネイティブの口の動きをみる事ができません。しかし、実際はこの口の動きや口の周りの筋肉の使い方こそが重要なのです。そこでDVDにして映像を見て真似することで、発音が上達してきます。

 

また、発音の仕方をわかりやすく図解するここで頭でも理解していくことが可能になりました。
発音になれてきたら、実践でも役に立つ英文フレーズを覚えて、使えるようにしていきます。

 

これらの練習を30日間続けることで得られる効果は、英会話を上達するためには何か必要かを理解することができる、短期間でリスニング力が向上する、ネイティブ並みの発音になる、英単語、英文フレーズが綺麗に発音できるようになるなど、必要な事が身に付きます。

 

またこれらの効果は英会話を始めたばかりの人でも、英会話教室に通って何年もたっている人でも関係なく、効果が得られます。年齢や頭の良し悪しも関係ありません。

 

難しかった英語が短期間で上達するという経験をしてみたいと思いませんか。
ぜひ、Final Englishにチャレンジしてみてください。

 

 

 

追記:

 

現在、Final Englishは残念ながら販売終了になっているようです。

 

代わりに、こちらのDVD教材もおすすめなので、ぜひ以下のサイトを一度ご覧になってみてください。

 

 

最先端CG映像でネイティブの口の中の動きがわかる発音教材「ネイティブスピーク」