【必見!】英会話を独学で勉強するのに最適なDVDとは?

【必見!】英会話を独学で勉強するのに最適なDVDとは?

【必見!】英会話を独学で勉強するのに最適なDVDとは?

 

 

英会話を勉強しているにも関わらず、一向に上達しない、話そうと思った時に言葉が出てこない、ネイティブの発音がききとれない、留学したにも関わらず外国人とコミュニケーションがとれないという人は必見です。

 

 

フィリピン政府が認定している語学学校で使用されている教材は最新の英会話習得方法を取り入れています。このDVDがあれば、30日間勉強を続ける事で英会話が苦手だった人も、もっと上達したいと思っている人も英会話力をあげることができると言われています。

 

 

Final EnglishというDVDをご存じでしょうか。
必死に英語を勉強している人達のあいだでは、この教材を使う事で今までの勉強のやり方とりも、ずっと早く英語を習得することができたと話題になっています。

 

 

このDVDを使えば、英会話教室に通う時間がない人でも独学で勉強を進める事ができます。

 

 

なぜ話題になっているのかというと、単純にCDやDVDの聞き流がす、聞こえた英語を言ってみる、ネイティブ講師の発音を真似してみるなどの勉強方法に加えて、英会話を上達させるコツを取り入れているからです。

 

 

Final Englishが他のDVDと最大に違う点は、英語を話すというゴールから逆算して、必要な事だけを順番に練習することができる事です。

 

 

ゴールから逆算することで、短期間に集中して英語脳を作って行くことが可能になりました。
英語で聞いた事を英語で理解し、英語で話すという英語脳をつくりあげます。このようになるにはトレーニングが必要です。英語を勉強するのではなく、反射的に英語で話せるように練習するのです。

 

 

英語脳を作り上げていくのにまず一番大切なのは、英語と日本語の違いを理解することです。
そもそも英語と日本語では音素の数が違います。英語は独特な音で話されていて日本語に慣れている耳では聴き取ることが難しいのです。

 

 

また、話す時の身体の動き呼吸法も違ってきます。聴きとることが困難なために発音ができないという悪循環を脱却し、よりネイティブレベルまで近づく事が大切なのです。

 

 

つまり、日本語にはない英語の独特の音素を発音できるように練習をかさねれば、何歳からでも勉強時間に関係なく上達することが可能という事です。

 

 

しかし、ただやみくもに発音の練習だけをしていればいいというわけではありません。
音素の違いについては、随分前からも指摘されていて、発音を重視したCDやDVDの教材が売られてきました。

 

 

実際に購入して勉強した人はいるのではないでしょうか。
ある程度はネイティブの発音に近づく事はできたはずですが、本当に発音の練習をするだけで上達したでしょうか。

 

 

じつは発音の練習をする前に、やるべき事があったのです。
それはリラックスすることと、発声練習です。Final Englishではこのリラックス方法、身体作り、発声、英語を話す時のリズム感を練習することができます。英語を話す基礎を作りあげたうえで英会話に必要なフレーズを勉強することで、吸収力がアップして短期間での上達が可能になりました。

 

 

Final Englishがこだわった点は、聴き流すだけのCDではなくDVDにする事で、実際にネイティブ講師の口の動きを観察できるようになっています。これを真似していくことで英語らしい発音をする事ができるようになります。
発音することができると自然にリスニング力が身につき、英語が事前と頭に入ってくるのです。

 

 

またDVDだけでは独学になりがちなので、対策として別料金を払えばスカイプを通じてネイティブ講師にチェックしてもらう事もできます。

 

 

30日間のトレーニングを経たあとは、海外ドラマを字幕なしで見られるようになったり、ビジネスシーンでも反射的に対応できたり、今までと違ってくるはずです。

 

 

今なら、Final Englishに申し込めば特典が付いてきます。この機会にぜひ、自分の勉強方法を見直してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

【大暴露!】30日間英会話速習プログラム【Final English】の評判・口コミ・感想

 

 

 

追記:

 

現在、Final Englishは残念ながら販売終了になっているようです。

 

代わりに、こちらのDVD教材もおすすめなので、ぜひ以下のサイトを一度ご覧になってみてください。

 

 

スコットペリーのネイティブスピークの内容を実践レビューした結果・・・